起立性調整障害 不登校

起立性調整障害は不登校の原因にも!?その対処法とは・・・

起立性調整障害不登校

 

毎朝、子供にどれだけ声をかけてもなかなか起きてこない。そのうえ、夜は遅くまで起きていて、早く寝ようとしない。

 

一見、どこの家庭でもありそうな光景で、ただ子供がだらしないだけのように感じられます。

 

しかし、思春期の子供でこのような症状が続く場合、起立性調整障害かもしれません。

 

起立性調整障害はちょうど思春期にあたる中学生の10%の子供が患っていると言われ、不登校の学生に多い病気とされています。

 

起立性調整障害は症状が怠けているようにも見えるため、発見に遅れが生じてしまうケースが多々あります。

 

しかし、放っておくと不登校になってしまい、ついには引きこもりになってしまうこともあります。

 

そこで、起立性調整障害の基本的な知識とともに、その対処法についてご説明します。

 

朝がツライ!起立性調整障害の症状

 

起立性調整障害には以下のような症状が見られます。

 

・朝起きられない

 

・疲れやすい

 

・夜寝られない

 

・午前中は動けないのに午後になると回復する

 

・めまいや立ちくらみ

 

・動悸や息切れ

 

・食欲不振

 

このような症状がみられたら、起立性調整障害の可能性があるため、早めに小児科を受診しましょう。

 

高校生くらいになると小児科は恥ずかしいかもしれませんが、小児科には起立性調整障害ついて知識が豊富な先生が多くいらっしゃいます。

 

そのため、大人ではない限り小児科の受診が望ましいでしょう。

 

原因と治療

 

起立性調整障害の原因として、自律神経の乱れや、ストレスが挙げられます。

 

特に思春期の子供は、身体の成長に心の成長が追い付かず、自律神経が乱れやすくなってしまいます。

 

治療としては、まず非薬物療法から始めます。

 

生活リズムの改善、多めの水分摂取や多めの塩分摂取、むくみ予防の靴下を履くなど、日常生活を見直します。

 

また、それに併用して薬物療法も行い、少しずつ改善へと導きます。

 

不登校の原因の見極め

 

しかし、起立性調整障害の治療で一番大切になって来るのが周りの理解です。

 

起立性調整障害は「朝あんなにダルそうにしていたのに、夕方は楽しそうにゲームして」と、周りの人たちから、怠けていると誤解を受けてしまう事があります。

 

また、起立性調整障害は朝起きられないため、遅刻や欠席しがちになってしまいます。

 

その原因を起立性調整障害とは知らず、無理に起こしたり、学校へ行かせたりすると、起立性調整障害を重症化させてしまうこともあります。

 

まずは、病院で診断書をもらい、学校側にも協力を求めましょう。

 

起立性調整障害の場合、周りの生徒から「朝ゆっくり寝られて良いな」などと嫌味を

 

言われたりして、そのことが原因で不登校になってしまう場合もあります。

 

起立性調整障害が直接の原因というよりも、起立性調整障害によって学校での人間関係が辛いことが不登校の原因となってしまうのです。

 

また、起立性調整障害ではなく、本当に学校でいじめなどが原因で不登校になってしまう場合もあります。

 

保護者や教師はその見極めを慎重に行う必要があるでしょう。

 

まとめ

 

起立性調整障害によって不登校になってしまったら、通信制の学校に編入するのも選択肢の1つとしてみるのも良いでしょう。

 

近頃の通信制高校は、大学のように自分で授業を組み立てる事ができたりと、起立性調整障害の子供には通いやすいシステムになっている所も多くあります。

 

また、同じような悩みを持つ子も多く、気兼ねする必要もありません。

 

起立性調整障害はなかなか周りの理解を得られにくいのも実情です。

 

あらゆる選択肢を用意して、周りがサポートしていくことが大切なのです。

 

起立性調整障害に効果あり!お薦めグッズをランキングでご紹介!

 

光目覚まし時計inti(インティスクウェア)の特徴

価格 25800円
評価 評価5
備考
安眠をサポートする枕 YOKONE(ヨコネ)の特徴

価格 15800円
評価 評価4.5
備考

グッドナイト 夜

快眠サプリ グッドナイト27000の特徴

価格 990円
評価 評価4
備考